労働問題・助成金トピックス<br>最新情報はこちら
640300_1

お知らせ
平成28年2月16日より雇用継続給付の申請手続を事業主が行うこととなります

2016年2月16日

マイナンバー等の確認事務の効率化のため、雇用保険の雇用継続給付の支給申請手続は
原則として事業主を経由するものとする改正が2月16日になされました。

雇用継続給付とは以下のものを指します。
・高年齢雇用継続基本給付金
・高年齢再就職給付金
・育児休業給付金
・介護休業給付金


これまでは、これらの支給申請は原則として被保険者が行うこととされ、
労使協定を締結した場合には事業主が被保険者に代わって行うことができました。

平成28年2月16日以降は、原則として事業主が本人確認をして、支給申請手続を行わなければならないこととなります。

詳しくは厚生労働省ホームページのマイナンバー制度(雇用保険関係)ページをご覧ください。

なお、リーフレットの中に「個人番号カード」という記載がありますが、
今後はこれに代わって「マイナンバーカード」という呼称が積極的に使用されていくようです。